Loading

Product

塗るタイル X-3

[厚塗り立体左官材]

塗るタイルX-3(エックス・スリー)

厚塗りタイプ「X-3」が誕生しました。
薄塗りタイプ「X-1」と同じくタイルセルベンの入った無機質左官材でありながら骨材を入れることができ、厚塗りならではのラフな仕上がりが可能になりました。

印刷用画面はこちら

性能比較:一長一短あるこれまでの仕上塗材に比べ、様々な性能にも優れた左官材となります。

窓枠部分:コテ押え仕上げ

壁面:左官コテ仕上げ(ランダム)

柱:左官コテ仕上げ(ランダム)

X-3 15kg/缶

 


受注生産品
:X3-01 ¥28,000/缶(5.3m²)
受注生産品:X3-02 ¥31,000/缶(5.3m²)
受注生産品:X3-03~06 ¥34,000/缶(5.3m²)
※カラーバリエーションは、X-1と同ですが、骨材を入れるため基本色のX-1より少し暗めに見えます。
※10 缶単位で承ります。

X-1とX-3の違いについて
一番の違いは粒の大きさです。薄塗り用のX-1は非常に細かい粒で出来ているため、様々なパターン付けが可能です。
X-3は最初から骨材を混ぜることを前提に粗めに作られているため繊細なパターン仕上げはできませんが、現場調合の骨材や粒度によって自然な風合いが表現可能です。
厚塗りできるので、下地の不陸が目立たなくなります。

X-3
(15kg)
X-1
(15kg)
㎡当たりの
塗布量
※2.8kg/㎡ 1kg/㎡
仕上り厚み 3mm 1mm
粒 度 粗い 細かい
骨材混入 可能 不可

※主材に60%骨材を入れ上塗り1回の場合

 

使用量目安  
仕上げ塗り厚3mm(5.3㎡/缶)


X-1専用プライマー 100g/㎡x2回 
または 
トリプルガード 500g/㎡x1回


コテ仕上げ
コテ 500g/m²
仕上げ
塗り
コテ X-3 2,300g/㎡
+
寒水石1,200g/㎡
X-3 施工要項

プライマー処理・ジョイント処理▶不陸調整完了後、X-1専用プライマーまたはトリプルガードを塗布

X-1専用プライマーの場合
○塗布量200g/㎡
(100g/m²に分けて2度塗りしてください。)
※道具は刷毛、ローラー、スプレー等をご使用ください。

 

トリプルガードの場合
塗布量500g/㎡ を目安に塗布してください。
※トリプルガードに含まれる繊維が複雑に絡み合うように、一方向だけでなく、縦横に動かしながら金ゴテで平滑に均してください。


下塗り▶X-1専用プライマー乾燥(約2時間)後 またはトリプルガード乾燥(約24時間)後、下地全面にしごき塗り。

○塗布量目安:500g/㎡
※下地が完全に塗りつぶされている事を確認してください。

○ ジョイント処理:下地パネルの継ぎ目にファイバーネット(100mm幅程度)を貼り付け、プラスチックコテで押さえる。
※ファイバーネットのたわみはクラックの原因になります。

 

※トリプルガードをご使用の場合は、ネットの伏せ込みは必要ありません。


現場による骨材調合 [骨材]+[X-3]

骨 材

推奨骨材:寒水石
寒水石は粒度別で販売されており、色が安定しているため、仕上用骨材に向いています。

※X-3(15kg/缶)に対して、骨材は10kgを混練してください。

X-3

 X-3の粒度は荒いので、少々骨材を入れても滑らかに塗ることができます。

あまり泡が立たないように攪拌します。 (泡立ちすぎると巣穴の原因になります。)


上塗り▶X-3下塗り硬化(約1約時間)後、パターン付けにて仕上げ

○塗布量目安:1,700g/m²+寒水石1000/m²

プラスチックコテで骨材を入れたX-3を石の転がりを調整しながら塗布していきます。
塗りつけにくい場合は加水して調整してください。(重量比5%まで)


▶上塗り硬化(約4時間)後に塗り重ねることも可能です。
2~3度塗り重ねることで、5ミリ程度の厚さまでパターン付けが可能です。


仕上げ塗り後は、夏場で約3日、冬場で約1週間程度で完全硬化します。


金ゴテ(ランダム)

くし目

くし目(扇)


骨材による仕上がりの違い

【X-3】(15kg)+【寒水石1厘】(5kg)+【寒水石3厘】(5kg)

【X-3】(15kg)+【寒水石1厘】(5kg)+【寒水石5厘】(5kg)


X-3施工

骨材が入り、厚塗り仕上げのため、自然な風合いが表現でき
ます。


X-1施工

既調合タイプの薄塗り仕上げのため、繊細なパターンが表現
できます。



【禁止事項】
◎建築用合板(コンパネ)は、いかなる目地処理を施しても、いずれ板が大きく反る為おすすめ出来ません。◎動きの激しい版間や、誘発目地の部分などには、ファイバーネットで処理をしてもクラックが入る場合があります。◎道具及び容器は、ご使用前に汚れや油分を十分に洗い流し、水気を拭き取ってからお使いください。◎誤って塗り付けてしまった壁面は、直ちに拭き取ってください。硬化後の除去は困難です。◎気温 5 度以下及び降雨・雪の場合は、施工を中止してください。◎作業中および 乾燥中は換気を十分行い、その後も塗膜が完全に乾くまでの間はときどき換気を行ってください。◎10年毎を目安に定期メンテナンスを行うことをお勧めします。

【保管方法】
◎直射日光、雨掛かりを避け、室温5~40度で保管してください。◎空気に接触すると硬化するので、残った主材は、空気が入らないように密閉してください。◎分離している場合がありますが品質には問題ありません。攪拌してご使用ください。◎使用期限は3ヶ月です。残った材料の長期保管は出来ません。◎廃棄は各地方自治体の法規、条例に従うか、産業廃棄物業者に依頼してください。◎記載内容は改良の為、予告なしに仕様の一部を変更する場合がございます。

塗る無機素材 M-2

塗るタイル X-1

PAGE TOP