COVERLAMの施工方法

弊社取り扱いの大判タイル「COVERLAM」製品の施工方法をご紹介いたします。軽量で耐衝撃性にも優れ、世界初の乾式工法による「通気式ファサードシステム」にも対応した本製品は、注目の大型施設向け大判タイル。優れた施工性・安定性で、工期短縮も期待できます。

施工方法(湿式工法)COVERLAM・大判タイル

大判タイルの施工方法について、不明点等ありましたら、株式会社エクシィズまでお気軽にお問い合わせください。

1. 施工前の取り扱い

「1000×3000×t5.6mm」のタイル重量は33kgと、比較的軽量ではありますが、立てて2名で運ぶことを推奨いたします。

  • 移動時は、振動を最小限に抑え、タイルの端が欠けないようにご注意ください。また、寝かせて持つとたわむため、割れる恐れがあります。

  • 施工現場でタイルを仮置きする場合は、柔らかい、クッション性のあるものの上に置いてください。


2. 下地の確認

接着剤を塗布する前に、施工予定箇所の状態をしっかりと確認しておきます。

  • タイルを貼る前に、下地が正しく水平であるかをご確認ください。

  • 下地表面の汚れや油分を十分に除去してください。

◆「タイル on タイル」では、以下にご注意ください。

下地となるタイルの洗浄には、強アルカリ性の水酸化ナトリウム溶液での洗浄をお薦めいたします。

  • 下地が平滑で、強度と汚れ・亀裂がないことをご確認ください。割れや亀裂があった場合には、モルタルを薄塗りして補強してください。

  • 接着効果を高めるために、下地に接着剤を「しごき塗り」するか、市販のプライマーを塗布します。必要に応じて、セルフレベリング材を施工してください。


3. 接着剤の塗布(改良圧着貼り)

タイル裏面に接着剤を塗布します。ここでは、大判タイル専用接着剤「ウルトラライト S2」を使用しています。

※ 接着剤を塗布する際、クシ目は、必ずタイル面と下地の両面・同方向に入れ、違うサイズのクシ目コテを使用し、圧着部分の空隙をなくしてください。

  • まず、接着剤を滑らかなコテで薄く塗り広げ、最低4mmのクシ目コテを使用し、端までしっかりと接着剤を塗布します。

  • 施工する下地には、6~9mmのクシ目コテを使用して、接着剤を塗布します。


4. タイルの施工

タイルを貼ります。専用接着剤「ウルトラライト」のオープンタイムは、通常時の天候・気温で30分程度です。

※直射日光・乾燥風・高温など通常の条件でない場合や、下地に吸収性がある場合は、オープンタイムが数分になってしまう場合があります。

  • 接着剤の表面に薄膜ができた場合は、クシ目コテで再度接着剤を塗布します(薄膜がある場合、接着剤の表面を水で濡らさないでください。水は薄膜を溶解しないため、接着不良の原因となります)

  • タイル貼り後、すぐに、すべての面をゴムゴテを使って強く圧着します。

  • 最終調整は、施工後45分以内に行ってください。


5. 目地込み

  • タイル圧着後、壁面は4~8時間後、床面は24時間後に目地込みが可能です。

  • 床は、約24時間後には軽歩行が可能になります。

    ※写真は「タイルonタイル」時の施工例です。


乾式工法のご紹介 COVERLAM

世界初の乾式工法を用いた「通気式ファサードシステム」とは?

スペインのWandegar社が独自に開発した、主に機械的・科学的固定によって金属基礎構造に取り付けられた薄い磁器質の被覆材料から構成されるシステムで、1000×3000×t5.6mmの大判タイルが施工できます。

【メリット】

  • 湿気の発生を防ぎ、内部の結露を抑制します。

  • ヒートブリッジを防ぎ、25~30%のエネルギー節約を実現します。

  • 熱膨張を防ぎます。

  • ノイズを最大10%削減します。

  • 既存の躯体を施工することで、意匠性の高いファサードを実現。

【注意点】

  • 500m2以上のプロジェクトから対応可能です。
  • COVERLAMの「3.5mm厚」製品は、乾式工法には非対応。

施工の手順|COVERLAM 乾式工法

大判タイルの乾式工法・施工方法についての詳細は、株式会社エクシィズまで、お気軽にお問い合わせください。

  1. 1. 検査・納入

    タイルのサイズや金具位置を確認。

  2. 2. アンカー穴あけ

    躯体にアンカーボルト差し込み用の穴を開けます。

  3. 3. 垂直柱の固定

    躯体と柱を、専用の金具とアンカーで固定します。

  4. 4. レール切断・取付

    必要寸法に切断した水平レールを取り付けます。

  5. 5. タイルパネル設置

    取付金具付きの大判タイルをレールに掛けます。

  6. 6. 完成

    写真:湘南鎌倉総合病院

お問い合わせフォーム