就職情報誌「A Level ~優良企業ガイド2021~」に株式会社エクシィズが紹介されました。

東京商工リサーチ(TSR)が発刊する就職情報誌『A Level ~優良企業ガイド2021~(東海4県版)』に、株式会社エクシィズが「TSR推奨 優良企業」として紹介されました。

『ALEVEL(エラベル)』とは、「Aレベルの会社を”選べる”」というコンセプトで、地域の人と企業のトライアングルを結ぶ、地域密着の優良企業紹介雑誌です。信用調査会社である東京商工リサーチ(TSR)ならではの視点で、地元の優良企業にスポットを当てて企業紹介を行っています。

以下より、ALEVEL(エラベル)誌内の弊社「会社紹介」ページのPDFをダウンロードいただけます。

PDFダウンロード:会社紹介「エクシィズ」(0.7MB)

東京商工リサーチ(TSR)とは?

TSRは、明治25年(1892年)創業の日本最古の信用調査会社です。信用調査などを通じて収集した全国の企業データは約864万件におよび、日々蓄積を続けています。また、平成6年には世界最大の企業情報サービスのリーディングカンパニーである「ダンアンドブラッドストリート(D&B)」と業務提携し、全世界で200カ国、3憶5,582万件の企業情報を提供しています。

「ALEVEL(エラベル)」と掲載優良企業について

東京商工リサーチ(TSR)が企業信用調査を通じて、会社の特徴・業績・財務内容・経営理念などを取材し、点数化したものが「TSR評点」です。TSR評点は「経営者能力」「成長性」「安定性」「公開性・総合世評」の4項目に大きく分けられ、全国152万件の企業の評点上位約8%の中から、自社PRや採用活動を積極的に行っている企業が、「TSR推奨 優良企業」としてALEVEL(エラベル)誌に掲載されます。つまり、エラベル誌で取り上げられる企業は「全国上位8%にランクインする優良企業」ということになります。

弊社の求人・採用に関する情報はこちら

以下に『A Level ~優良企業ガイド2021~(東海4県版)』に掲載されたインタビュー記事をご紹介いたします。

『A Level ~優良企業ガイド2021~(東海4県版)』P.98-99より

株式会社エクシィズ・代表取締役 笠井 政志(かさい まさし)

1958年2月27日生まれ。62歳。専門学校で建築について学び、その後、21歳でアメリカへ。1981年に帰国し、多治見市内のタイル輸出商社に就職。1994年3月に輸入・販売企画会社テクストーン・プランニング(のちにエクシィズと合併)を設立して起業。1997年より現職。年間休日120日以上を確保するなど、近年は働きやすさにも力を入れている。


経営者インタビュー/株式会社エクシィズ 開発したリサイクルタイルが世界から注目を集める

Q:自社の魅力は何ですか?

私たちはオーダーメイドのタイル製作を行う会社です。天然素材のタイルやガラス、特注のモザイクアート製作も手掛け、個人向け住宅、飲食店などの商業施設、学校や公園といった公共施設で当社のタイルをご利用いただいています。

社員数26名という小さな会社ですが、オンリーワンの商品にこだわり、釉薬の色や質感の1つ1つをメーカーと共同開発した、オリジナルのモザイクタイルや、日本らしい焼成方法による和風タイルを展開しています。

また、生活ゴミや産業廃棄物を融合してできる溶融スラグというガラス状物質を主原料にしたリサイクルタイルも開発し、ゴミをタイルに変える技術力を評価していただいています。海外の環境展にも積極的に出展する中で、近年世界中でのゴミ処理や環境問題への関心の高まりを実感しています。当社の売上高の約半分は海外への輸出です。これからも国内だけに留まらず、広い視野を持ち続けて、変化に迅速に対応できる会社でありたいと考えています。

Q:普段から大切にしていることは何ですか?

やはり会社の魅力といえば、すなわち社員一人ひとりの魅力に他なりません。当社は求職者から常に選ばれる会社でありたいという願いから、働きやすさ、労働環境をいかに整えるかに力を入れてきました。取り組みの一つとして、2019年1月から土曜日を完全休日にしました。年間休日120日以上を確保していることは、私たちの業界では非常に珍しい例だと思います。

また、連続有給休暇の取得を推奨しています。社員にしっかり休日を取ってもらうために、しばらく19名で推移していた社員数を、2年前に一気に7名を採用して26名とし、各部署の人的負担を軽減しました。もちろん社員が増えた分、利益を残す必要があります。「オンリーワンの商品」を生み出すことに加え、それを販売できるビジネススキームが重要になります。得意先からも選ばれる会社にならないと機能しないということです。

Q:社長をしていて苦労したことは?

2006年、売り上げが5憶6,000万円のころ、年商8,000万円の一番の得意先を失いました。社員は10名を超えていて、何とか社員に給与を払い続けないとと奔走したものです。その時、他社の追随を許さないオンリーワン企業にならないといけないと強く思いました。

それを機に、社内デザイン部門をより充実させて、新商品開発やアメリカへの輸出にも挑戦しました。リサイクルタイル開発を手掛けるエコレボ事業部設立といった積極的な新しいことへの取り組みは、こうした苦境を経験したからです。

社内勉強会では新商品への知識を深めたり、部署の取組内容の報告などを実施。不定期開催ですが、毎回テーマを変えて行っている。

Q:将来の事業ビジョンは?

当社がある多治見市の地場産業であるタイルは、残念ながら出荷額がピーク時に比べて右肩下がりで減少しています。今後、V字回復は無理でも、下落方向に歯止めをかけ、緩やかに再び増加に転じさせるには何が必要かを試行錯誤してきました。そして今では、年間売上高の半分を占めるほどになった海外取引を、今後更に増やしていくための切り札として、環境性能を付加したリサイクルタイルでの新商品開発に力を入れています。

20年間の基礎研究に加え、新規導入したテスト用焼成窯を使った2年間の実証期間を経て、90%以上を都市ゴミや産業廃棄物から成る究極のリサイクルタイルの開発に成功しました。「CNSベンチャー大賞2019」の優秀賞を受賞したオンリーワンの技術力で、環境性能をより重視する海外市場にアピールしていきます。

求める人物像:得意分野を磨けるプラス思考の人

私は常に、社員の得意分野を伸ばしてあげたいと考えています。全ての面で平均点以上を目指すより「この分野なら自分は絶対負けない」という得意分野を作って励むほうが、本人にとっても、会社としてもメリットが大きいと思っているからです。

社員には常に、他人と自分を比較して、劣っていると卑下する必要はなく、それより去年の自分と今を比べて、もし自分に成長を感じなかったら猛省するように言っています。そしてその悔しさを成長の原動力に変えてほしいと伝えています。

株式会社エクシィズ(TSR企業コード:473057778)

所在地 〒507-0071 岐阜県多治見市旭ヶ丘10-6-55
TEL 0572-20-0711
URL https://x-s.jp
創業 平成6年3月
設立 平成9年10月
従業員数 26名(男性10名、女性16名)
売上高 10億22万円(令和元年9月期)


以下より、掲載インタビューのPDFをダウンロードいただけます。

PDFダウンロード:インタビュー(1.25MB)

弊社の求人・採用に関する情報はこちら

■アンケートフォーム

お知らせ一覧に戻る