10/9(土)~17(日)「まちなか美術館 (多治見市)」にて、Tajimi Custom Tilesの地元初披露イベントを開催。

昨年・2020年10月31日~11月3日、東京・渋谷区神宮前のマハールにて「Tajimi Custom Tiles」のお披露目イベントを開催。今回は、大好評だったそのイベントの多治見エディションとなります。また「MINO SOIL」の展示イベントも、同日開催予定です。皆様のお越しを、心よりお待ちしております。

  • ※ 万全の新型コロナウイルス対策のもと、開催・運営を予定しております。ご来場の際は、マスク着用・アルコール消毒・検温等、感染予防対策にご協力をお願いいたします。
  • ※ 新型コロナウイルスの影響等で、事前予告なしに、開催期間・内容が変更となる場合があります。ご了承ください。

東京で大盛況だったアート作品が、地元・多治見に!

多治見市は、タイル職人の卓越した技と伝統が根付いた、日本トップクラスのメーカーが集結する、タイルの産業地です。「Tajimi Custom Tiles」は、その強みを生かし、建築家やデザイナー向けにオリジナルのフルカスタムタイルを製作する、新しいブランドとして立ち上げられました。

今回は、昨年・東京にて開催されたイベントを再現し、世界的に活躍するデザイナー「マックス・ラム (イギリス)」と「イ・カンホ (韓国)」によるインスタレーション作品の展示を行います。この展示により、アートとしてのタイルの可能性、また「タイルでこんな形ができるんだ!」という、新たなカスタムの可能性を感じていただければ幸いです。

本来であれば、2019年4月のミラノサローネにてお披露目の予定で、すべての展示物をミラノまで届けたのですが、それが中止となりシップバックとなりました。そのリベンジとして、来年・2022年4月のサローネでは、新作品を追加し、単独出展を予定しています。

本町オリベストリート まちなか美術館 2021
開催日

2021年10月9日(土)~10月17日(日)

開催時間 10:00~17:00
場所

本町オリベストリート なでしこ蔵(岐阜県多治見市)

主催 (株)華柳
協力 陶都創造館・多治見市産業文化センター

「MINO SOIL」の展示イベントも、同日開催予定!

今年・2021年6月に、東京・渋谷神宮前の会場にて行った大盛況イベントを再現し、地元・美濃の地において、改めて”やきもの”の原点である「土」に注目し、その可能性の発信を行います。

ここ美濃地方では、他産地とは違い、やきものの主原料である「粘土」が容易に採れます。容易であるが故に、大量生産が始まり、陶磁器産業が大きく栄えてきました。しかし、安く大量に作れることで安価に売ってしまい、焼き物としての全国シェアは約60%にまで拡大しましたが、「美濃焼=安い」というイメージが定着してしまいました。大量生産・大量消費の時代が終わった今、産業全体が疲弊していっています。

そこで我々は、焼き物の原点であり、この地だけの地球の産物である「土」に着目し、リブランディングを試みました。それが「MINO SOIL」です。

MINO SOIL 展示イベント in Tajimi 2021
開催日

2021年10月9日(土)~10月17日(日)

開催時間 10:00~17:00
場所

at Tajimi 01

岐阜県多治見市新町2-31 銀座商店街アーケード内

主催 山の花

  


      

お知らせ一覧に戻る