タイルの豆知識

タイルアート

投稿日:

タイルベンチとEPS素材(発泡スチロール)

今回は、タイルベンチとEPS素材についてご紹介いたします。EPSを加工しモザイクタイルを張ることで、自由な形の立体物を製作することができます。この製法は弊社独自に開発したもので、社内で製作してから納品するため、現場の負担を軽減させることができます。

EPSって何?

EPS(難燃性発砲ポリスチレン)とは、ドイツ生まれの発砲プラスチック系の断熱材です。一般的には「発砲スチロール」と呼ばれ、日本工業規格では「ビーズ法ポリスチレンフォーム」という名称が採用されています。ポリスチレン樹脂と発泡剤でできた原料ビーズを金型に入れ、約20倍から80倍に発泡、成型させてつくられます。(発泡倍率が低いほど硬い)

EPS(難燃性発砲ポリスチレン)

EPSのメリット

  • 軽量で耐圧性に優れている

    軽量なので持ち運びが容易に行えます。耐圧性に優れており、強度を持っています。

  • 高い断熱性・耐水性があり、加工がしやすい

    優れた断熱性・耐水性を持っているため、屋内・屋外問わず水回りの下地材として利用できます。またカッターや、発泡スチロール専用の電熱線などで簡単に切断できるので、多岐に渡った加工対応が可能です。

  • 燃えにくく・燃えた際の有毒性が低い

    難燃剤が添加されているため従来の樹脂製品より燃えにくく、燃焼した際の生成物に含まれる有毒物質は、極めて低くなっています。

このように軽量で性能に優れ、加工しやすいEPSを、弊社ではタイルベンチやオブジェの躯体製作に採用しています。

タイルベンチについて

弊社ではタイルベンチを「完全オーダーメイド」で対応しており、お客様のご希望のデザインに製作いたします。

タイルで作ったベンチは耐候性に優れているため、メンテナンスフリーでペンキの塗りなおしも必要ありません。また、EPSによる施工は「RC造(鉄筋コンクリート造)」や「FRP(繊維強化プラスチック)」による現場施工に比べ、事前に製作してから現場に運ぶことができるため、工期短縮が可能になります。


タイルベンチの構造

発泡倍率が40倍の緻密なEPSを使用しているため大変丈夫ですが、更にグラスファイバーネットや樹脂モルタルで表面を覆い強固なタイル下地を作り、タイル張りしています。

象嵌加工


タイルベンチ製作風景

EPSを躯体にして、オーダーベンチを一点一点手作業で製作する様子をご紹介します。

  • 全体の形をイメージしながら、四角い立方体のEPSを手作業で削っていきます。

  • グラスファイバーネットを伏せ込みながらモルタルでタイル下地を作ります。

  • バランスを見ながらタイルを張っていきます。

  • 目地を入れて仕上げをします。

立体造形の実例

様々な色やかたちのタイルを使用した造形物の実例をご覧ください。アーティスティックなデザインのベンチ・オブジェ・モニュメントは、空間のアイキャッチになることでしょう。

  • 多治見市駅北庁舎 - 施主:多治見市 / 設計・デザイン:久米・日比野設計共同体 / 施工:大日本・飯田特定建築工事共同企業体

    多治見市駅北庁舎 / 使用タイル:スキーム

  • 多治見市駅北庁舎 - 施主:多治見市 / 設計・デザイン:久米・日比野設計共同体 / 施工:大日本・飯田特定建築工事共同企業体

    多治見市駅北庁舎 / 使用タイル:スキーム

  • 多治見市 うながっパーク

    多治見市 うながっパーク / 使用タイル:スキーム

  • 多治見市 うながっパーク

    多治見市 うながっパーク / 使用タイル:クラッキー

  • 中村積善会ビル イグジットメルサ 7F - オーダーベンチデザイン:藤江和子(藤江和子アトリエ) / 設計:(株)竹中工務店

    中村積善会ビル イグジットメルサ 7F / 使用タイル:コットベネット乱形

  • 中村積善会ビル イグジットメルサ 8F - オーダーベンチデザイン:藤江和子(藤江和子アトリエ) / 設計:(株)竹中工務店

    中村積善会ビル イグジットメルサ 8F / 使用タイル:コットベネット乱形

  • ガーデンシンク

    ガーデンシンクの躯体としてもEPSを使用

  • 塗るタイルX-1による特注ベンチ

    塗るタイル X-1による特注ベンチ

  • 複雑な形状のアート製作も可能

    複雑な形状の製作も可能

  • 複雑な形状のアート製作も可能

    インスタレーションアート(空間芸術)として

まとめ

弊社では、タイルベンチのプランニングから製作まで一貫して社内で行っておりますので、幅広いオーダーにきめ細かく対応し、お客様のイメージを具現化いたします。一点ものでもお任せください。
オリジナリティを発揮するアートやベンチのある空間設計の際には、この記事をご参考いただければ幸いです。

タイルの豆知識

タイルアート

投稿日:

■ブログアンケート

*印は、入力必須です。

  • * Q01. この記事はいかがでしたか?

  • Q02. ご意見・ご質問、今後書いて欲しい記事テーマ等があれば、ご記入ください。


お客様情報

  • * E-mail

  • * 氏名

    ※姓名間に、空白(半角スペース)をご入力ください。

  • 会社名

  • 支店名

  • 部署名

  • 役職

  • *

  • * 郵便番号

    ※ハイフンなし。郵便番号を入力すると、該当住所が自動入力されます。

  • * 都道府県

  • * 市区町村

  • * 住所

    ※市区町村以下の、町名・番地・ビル名などをご記入ください。

  • 携帯電話

  • * TEL

  • FAX


上記項目にご記入いただき、「確認画面へ進む」ボタンを一回だけクリックしてください。

ブログ記事一覧に戻る