タイルのお手入れについて

せっかく施工したタイルは、いつまでも綺麗な状態でいて欲しいものです。タイルを長く美しく保つための、メンテナンス方法をご紹介します。

タイルのメリット・デメリット

タイルのメリット

  • 耐久性・耐摩耗性があり、キズに強い。
  • 強い日差しや風雨・雪にも強く、色褪せない。
  • 汚れが染み込みにくい。
  • 薬剤による変質がしにくい。
  • もともと高温で焼いているので、耐火性がある。

タイルのデメリット

  • 地震などによる剥離の危険性がある。

    • ※近年の技術革新で、品質の高い素材を用いて正しい施工を行えば、簡単に剥離することはありません。
    • ※2010年、建築基準法の改正に伴い、戸建住宅や事務所以外の特殊建築物においては、外壁タイルなどにおける10年毎の外壁全面打診調査が義務づけられました。
  • 初期費用が高くなるけれど、その後のメンテナンス費用は割安になる。

    • ※サイディングとの比較:初期費用は約2倍程だが、メンテナンス費用は10年後だと約1/3程度

高機能タイル

タイルの表面には細孔(微細な穴)があり、この細孔に汚れが入り込むと、除去が大変困難となります。細孔が不均一だと、模様のような汚れがついてしまうことも。また、ザラつきのある(ノンスリップを重視したタイプ)のものは、汚れが着きやすく除去しにくい場合があります。

最近では、最先端技術により、放っておいても雨水などで、勝手に汚れが落ちる「高機能タイル」を各メーカーが独自に開発し、商品化されています。

弊社の製品「レンジサーフ」は、細孔を無機質ガラスで塞ぐ加工が施された、防汚効果に優れたフロアタイルです。しかも、水廻りエリア向けに防滑性に優れており、「滑りにくく、汚れにくい」を両立させた多機能タイルです。

レンジサーフ

高機能 多機能タイル:レンジサーフ

タイルのメンテナンス

経年変化により劣化しやすいモルタル・吹き付け・サイディングなどに比べ、タイルそのものは、非常に丈夫で、ほとんど劣化しません。長期において使用できる優れた建材です。

タイルそのものは劣化しにくいですが、接着剤や、目地の部分は徐々に劣化します。放置しておくと、汚れが付着し、蓄積し、大きな不具合が発生してしまいます。そんな状況を防ぐ為には、10年に1度程、職人によるメンテナンスをするのが理想的です。

タイルのある家

タイルは、汚れに侵されない無機質素材なので、外壁なら、たいていの汚れは雨で流れてしまいます。内装タイルの場合でも、水拭きで対応できます。

時間が経ってしまった汚れは、種類によって、中性洗剤や希塩酸など、薬剤を使ったお手入れが必要になります。気になった時にさっとお手入れをしておけば、タイルはいつもピカピカでいてくれるでしょう。

汚れの種類別お手入れ方法

タイルは施行された場所や環境によって、異なった種類の汚れを発生します。汚れの種類と、それに適した洗剤やお手入れ方法をご紹介します。

  • 煤煙

    煤煙(ばいえん) などによる汚れ

    埃・排気ガスや、「煤煙」などによる汚れが壁面に付着し、雨水の流れるところに集中して、筋状に残ることがあります。水洗いや、ふき取りのみで除去できることもありますが、油汚れなどを含む場合は、中性洗剤などを併用します。

  • 苔・藻

    苔・藻

    苔は、湿気と光があれば何処にでも生育します。多く見られるのが「緑苔」です。中性洗剤を水で薄めてからブラシでゴシゴシ洗いましょう。生えてすぐなら、すぐに落とすことができます。

  • 白華

    白華(エフロレッセンス)

    目地やタイル表面に付着した白い物質は、コンクリートやモルタルに含まれるカルシウムと結合し、ひび割れ箇所から発生したものです。主成分は炭酸カルシウムで、希塩酸溶液でこすり洗いすると綺麗になります。

    同様に、粉が吹いたような物質が発生することがあります。これは、炭酸ナトリウムによるもので、これを分解できる薬品はありません。しっかり撥水処理を施し、防ぐことが重要です。

  • 水垢・湯垢

    水垢・湯垢

    「水垢」は、水道水に含まれるケイ酸が蓄積した、ザラついた汚れで、放っておくと頑固な汚れになり、厄介です。「湯垢」は、皮脂、石鹸カス、埃などが結びついたヌメヌメとした汚れです。中性洗剤をつけたスポンジで洗い落とします。

  • カビ

    カビ

    壁・床タイルに目地についた黒、紫やピンクの正体は「カビ」です。市販のカビ取り剤を吹き付けてしばらく置いた後、水で洗い流します。

    カビを防ぐには、栄養源となる石鹸カスなどの汚れを洗い落とし、湿気も拭き取ることが大切です。タイルの目地の汚れをとり、乾いてからロウソクを塗りこんでおくと、カビ予防に効果があります。

タイルウォッシュ

驚きの洗浄力!「タイルウォッシュ」

弊社の製品「タイルウォッシュ」は油分分解作用を持つ、茶葉を主成分とする、植物由来の酸性洗剤です。

雨掛かりの外壁タイルや外床タイルの汚れに直接作用し、煤煙などによる頑固な汚れ・水垢・温泉成分によるヌメリやスケール(エフロ)などを、強力に分解・除去します。

まとめ

いかがでしたか?
タイルは汚れに強い素材ですが、汚れが付着したまま放置しておくと、厄介なことになってしまいます。しかし、定期的に汚れに応じたお手入れをすれば、いつまでも美しいタイルを楽しんでいただけますので、是非この記事を参考にしてみてください。

■アンケートフォーム

ブログ記事一覧に戻る