家庭でできる!タイルを美しく保つ方法

イニシャルコストがかかるイメージが強いタイルですが、正しくメンテナンスを行うことで「100年以上」使用することが可能です。今回は「タイルを美しく保つ方法」をご紹介いたします!

タイルのお手入れ方法

タイルのお手入れの前に、タイルの種類の確認をお願いいたします。大きく分けて、表面にツヤや光沢がある「施釉タイル」と、ざらつきのある焼き物らしさが特徴の「無釉タイル」の2種類があり、それぞれお手入れ方法が異なります。

  • 中性洗剤での拭き掃除で、施釉タイルの美しさを保つことができます。

  • 高圧洗浄機で、無釉タイルの表面に入り込んだ汚れを洗い流すことができます。

施釉タイル

施釉タイルのお手入れとして「薄めた中性洗剤での拭き掃除」をお勧めしています。施釉タイルは汚れが染み込みにくく、高い耐久性と耐火性、耐摩耗性を持ちます。こまめな拭き掃除で、施釉タイルが持つ「清潔感」を維持することが可能です。

無釉タイル

無釉タイルは「高圧洗浄機での洗浄」をお勧めしていますが、適度に汚れと付き合いながら使用することで「経年変化」による独特の風合いを楽しむことができます。

  • 床タイルは、デッキブラシなどで汚れを落とします。

  • 外壁タイルは、高圧洗浄機で汚れを洗い流します。

家庭にあるものでできる「タイルのお手入れ」

薄めた洗濯用洗剤などを使用して拭き掃除をすることで、ほとんどの汚れを落とすことができます。(研磨剤入りの洗剤をご使用の際はご注意ください)

黒ずみには、重曹やセスキ炭酸ソーダを、頑固な汚れには、メラミンスポンジの使用が有効です。

それでも落とすことができない汚れには、「タイルウォッシュ」などのタイル用洗剤の使用をお勧めいたします。

※タイルの破損や変色などにつきましては、当社では責任を負いかねます。
ご自身でのお手入れが不安な方は、専門業者へのご相談をお勧めします。

下地や目地にも「定期メンテナンス」を

タイルと切っても切れない関係の「下地」や「目地」。タイルのお手入れの際、これらの清掃を怠ってはいけません。

目地材は、主にセメントで構成されています。セメントはタイルより汚れが付きやすく、蓄積した汚れは時間が経つにつれ落としづらくなります。そのため、半年~1年を目安に、高圧洗浄機などでのお手入れが理想的です。

  • 目地がタイルのイメージに大きく影響します。

  • 目地により、清潔感のある空間を演出します。
    使用タイル:ファクター (ライトグレー)

業者による定期メンテナンス

メンテナンス不足による、目地や接着剤などの劣化は、目地の割れやタイルの剥離、ひび割れなどの大きな不具合や事故に繋がることもあります。

タイルを張り替えることなく末永く使用できるよう、10年ごとを目安に業者によるメンテナンスを受けることが、タイルを長持ちさせる秘訣です。

タイルを長持ちさせる「副資材」

タイル施工や使用において、重要な役割を持つ目地などの「副資材」を紹介いたします。こまめなお手入れで、美しさを保つことができるタイルですが、適切に副資材を使用することで、さらにタイルの長所を引き出すことが可能です。

  • タイルの汚れはコレ1本!

    油分分解作用を持つ、茶葉を主成分とする植物性の「酸性洗剤」。油汚れや水アカをはじめ、温泉などで見らるヌメリやスケール(エフロ)、コケやサビなども分解・除去することが可能です。

    PRODUCTS:タイルウォッシュ

  • 様々な耐性を持つ万能な目地材・接着剤

    耐酸性、耐アルカリ性、耐温水性に優れた「目地材・接着剤」。温泉や銭湯、プールなどセメント目地では耐久性に不安が残る施工箇所にも使用が可能です。

    施工の際、使用用途に合わせて目地材を選定することで、さらにタイルを長持ちさせることができます。

    PRODUCTS:スパボンド / スパメジ

  • 滑り止めだけじゃない!汚れも防ぐコーティング剤

    被膜形成型の「滑り止めコーティング剤」。滑り止め効果はもちろん、タイル表面の細孔を塞ぎ、通常の掃除では取りづらい汚れの付着を予防します。

    PRODUCTS:ノンスキッドコート

タイル工事の際、適切な副資材を使用することで、タイルの機能性が大きく向上します。タイルを使用するシチュエーションに合わせて、副資材の使用もご検討ください!

まとめ

いかがでしたか?今回は「タイルのメンテナンス方法」をご紹介いたしました。

弊社では、今回ご紹介した以外にも、タイルを長持ちさせるための「副資材」や、お手入れの負担を軽減できる「高機能タイル」を取り扱っております。ご興味のある方は、お気軽にエクシィズまでお問合せください。

■こちらもご覧ください

■ブログアンケート

*印は、入力必須です。

  • * Q01. この記事はいかがでしたか?

  • Q02. ご意見・ご質問、今後書いて欲しい記事テーマ等があれば、ご記入ください。


お客様情報

  • * E-mail

  • * 氏名

    ※姓名間に、空白(半角スペース)をご入力ください。

  • 会社名

  • 支店名

  • 部署名

  • 役職

  • *

  • * 郵便番号

    ※郵便番号を入力すると、該当住所が自動入力されます。

  • * 都道府県

  • * 市区町村

  • * 住所

    ※市区町村以下の、町名・番地・ビル名などをご記入ください。

  • 携帯電話

  • * TEL

  • FAX


上記項目にご記入いただき、「確認画面へ進む」ボタンを一回だけクリックしてください。

ブログ記事一覧に戻る