出展報告:セラミックバレー クラフトキャンプ PRイベント

2021年11月13日(土)・14日(日)、多治見駅北・虎渓用水広場で開催された「セラミックバレークラフトキャンプPRイベント」に、弊社が出展いたしました。今回はその展示会の様子をご紹介します。

来年3月に岐阜県瑞浪市で開催予定の「CERAMIC VALLEY CRAFT CAMP(セラミックバレー クラフト キャンプ)」は、近隣で活動している作家や、地元で頑張っている企業にエールを!!をサブテーマとして、「セラミックバレー美濃」の奥深い魅力を皆様にお伝えすることを目的としたメインイベントです。

そのプレイベントと位置付けた当イベントでは、数々の作家・店舗・企業が多数出展し、2日間で約4000人のお客さまにお越しいただきました。様々な作風・魅力を持った作家さんやブランドのショップブース、地元の人気店・東海地方の有名店の美味しい飲食ブースや、地元企業PRブースなどが軒を連ね、賑わいをみせました。

「セラミックバレー美濃」とは?

千三百年もの長きに亘り、やきものの産業と文化が息づくこの地は、陶土に恵まれ、器やタイル、ニューセラミックスまで幅広い美濃焼が生産され、作家や窯元、商社や関連企業が集う世界有数のやきもの産業の一大生産地です。そして今、受け継がれてきた文化と技術に、時代をとらえた柔軟性と多様性を融合させ、さらなる挑戦と創造の系譜を宿すこの地を「セラミックバレー」と名付けました。

今回の展示内容

弊社のブースでは、「ecoRevo®」の展示・ワークショップやタイルの販売などを行いました。

  • 多くの方に訪れていただきました。

  • 「ecoRevo®」ではリサイクルタイルへの取り組みを紹介。

  • タイルの販売コーナー。

  • デザイナータイル等、個性的なタイルを一枚単位で販売。

特に人気があったのは「タイルでフォトフレームを作る」ワークショップコーナー。たくさん並んだタイルの中からお気に入りのタイルを選ぶのに、皆さん夢中になっていました。

  • 賑わうワークショップコーナー。

  • どんなフォトフレームになるかな?

  • 色とりどりのタイルがいっぱい!

  • タイルを選ぶ姿は真剣です。

展示会を終えて

弊社のブースでは、予想以上に多くの方がご来場くださいました。非常に有意義なイベントとなり、感謝の気持ちでいっぱいです。
美濃の地の歴史や文化を守り伝えながら、この地方でのモノづくり・地元企業を応援するために、今後も精力的に活動をしていきたいと思います。

■アンケートフォーム

ブログ記事一覧に戻る