製品紹介:キコット・古

弊社の総合カタログ Scape Design Vol.6から、銅版印刷を駆使したジャパネスクタイル「キコット」と「古(いにしえ)」をご紹介します。どちらも日本の伝統的な柄を施したアクセントタイルをご用意しており、日本人の感性に触れる和風モダンな空間づくりに最適です。

銅版転写技法

キコットと古の図柄は、どちらも「銅版転写技法」で印刷されています。「銅版転写技法」とは、明治期に本格的に確立された産業技術の一つです。

銅版転写の手順

  1. 銅板を彫刻し、原版を作ります。
  2. 原版に彩料を塗り、その上に和紙を置いてプレスし、柄を印刷します。
  3. 紙の印刷面を素焼きのタイルにあて、筆で水を含ませて柄を転写します。

銅板転写技法

手間が多いように思われますが、原版を作れば安定した絵付けを効率的に行えるため、明治期から現在まで、窯業界においてその技術は引き継がれています。

銅板印刷なら手書きのような濃淡の表現・細やかな表現ができますし、側面やカーブなどの平面以外の形状に印刷することも可能です。インクのムラなどが、絶妙な揺らぎを生み出し、懐かしいような、柔らかい印象を醸し出します。

素焼きのタイルに転写してから本焼きを行うため、銅版転写による絵付けは耐久性が高いのも特徴です。そのため、軽歩行の床でもご使用いただけます。

キコット

キコット」は60×69mmの六角形のタイルです。タイルを積んで焼く窯詰め法、そして還元焼成で製造されているため、色むらが特徴的。また押し出し成型のため、焼き物らしい質感が表れ、手作りのような温もりと深みを持ったタイルに仕上がっています。

カラーは、無釉プレーン2種類・白釉アクセント・無釉アクセント(花柄・江戸柄)6種類の全9種類のラインナップです。

  • 無釉プレーン2種類・白釉アクセント

    • 無釉プレーン2種類・白釉アクセント
  • 無釉アクセント(花柄・江戸柄)6種類

    • 無釉アクセント(花柄・江戸柄)6種類
    • 縁起の良い江戸柄を使ったパターン
    • 明るい花柄をあしらうとパッと華やかに

個性的でありながら、素朴な表情をもつキコットは洋風・和風・モダン・ナチュラルテイストなどの空間にマッチします。

古(いにしえ)

」は形状が2種類あります。97×97mmの正方形タイルと、170×148mmの六角形タイルです。カラーは5種類のプレーンタイル、8種類の花柄、8種類の江戸柄の全21種類を揃えております。プレス成型のため、均一な風合いが整然とした印象のタイルです。

  • 多治見市陶都大橋

    • 97角タイル
  • 多治見市陶都大橋

    • 170×148mmヘキサゴン

柄が豊富なため、組み合わせ次第で様々な空間づくりをお楽しみいただけます。

  • 多治見市陶都大橋

    • 多治見市陶都大橋
  • 多治見市陶都大橋

    • 多治見市陶都大橋
  • 多治見市陶都大橋

    • 多治見市陶都大橋
  • 多治見市陶都大橋

    • 多治見市陶都大橋
  • さくらの杜・千代田

    • さくらの杜・千代田
  • さくらの杜・千代田

    • さくらの杜・千代田
  • さくらの杜・千代田

    • さくらの杜・千代田
  • さくらの杜・千代田

    • さくらの杜・千代田

まとめ

キコットや古で伝統的な柄や和のデザインを現代の住空間に取り入れると、一味違う和モダンなインテリアデザインになることでしょう。印象的な空間づくりに、是非お役立てください。

■アンケートフォーム

ブログ記事一覧に戻る