絵タイルコレクション2022

弊社の「絵タイル課」では、様々なご要望にお応えすべく、日々、実験や試作品製作に取り組んでいます。建築建材展2022でも、その一部を発表させていただきましたが、今回はそれらの中から注目のタイルをご紹介いたします。

”ひと工夫”をアクセントに

施釉面の凹凸感を利用。デザイン性と機能性を両立した点字タイル

撥水インクによるマットな質感の背景色に、艶やかで手触りの良い白のブライト釉をこんもりと施釉した「点字タイル」です。施釉面の立体感が、機能とデザインを両立。タイルなら水洗いも手軽にでき、衛生的なのもメリット。

  • 点字部分に防滑材を施し、ザラザラとした感触に仕上げることもできます。


スワロフスキーの輝きで、ゴージャス&エレガントに演出

クリスタルガラスの最高峰「スワロフスキー」をあしらったエレガントなタイル。粗い質感のタイルにスワロフスキーを組み合わせて、繊細な印象を際立たせました。加飾後に180℃にて加熱接着しており、約30kgの引っ張り強度があります。

  • カラーは13色から選択可能。


手作りならではの表情と、偶然性を活かした絵タイル表現

こちらは、絵タイルの実験の中で生まれた試作品です。撥水インクを使ってマーブル模様を再現したタイルや、施釉後に釉薬を混ぜ合わせたグラデーション表現など、個性的な表現を模索しました。

  • 撥水インクを使って、マーブル模様を再現。施釉面との対比が新鮮な印象を与えます。

  • 偶然を利用した奔放な表現が、クールな雰囲気を演出。

  • 施釉後に釉薬を混ぜ合わせたグラデーション。独特のムラ感が面白い。

色彩表現の探究

「雲母」によるゴールド表現

こちらは「唐長タイル」でも使われている雲母によるゴールド表現を、絵タイルに応用した例です。雲母金は、純金に比べてコストを抑えることができるのがメリット。壁面にアクセントとして取り入れれば、華やかさが増し、印象的な空間に仕上がります。


特殊釉薬と高温一度焼成によるメタリック表現

特殊な釉薬を施されたメタリックタイル。マット釉の上にメタリック釉を施釉し、高温一度焼成で仕上げています。詫び寂びを感じさせる、渋みのあるメタリックは、独創的な和の空間演出に良いのではないでしょうか?

  • タイルの中央部はマット釉のみ。

  • メタリック釉のみで焼成すると、ゴールドに近い発色になります。


多彩な釉薬表現を、1枚のタイルに

撥水インク・雲母金・マンガン釉・ガラス質の釉薬など、様々な表現を使い分け、1枚のタイルに仕上げました。パーツごとに版刷りと施釉を繰り返して完成したこちらの作品は、まさにタイルの浮世絵。撥水インクと施釉面の凹凸感や、ブライトとマットの質感などが折り重なり、様々な表情を見せてくれます。

まとめ

いかがでしたか? このように、絵タイル課では時間を見つけては「もっと面白い表現はないか?」と試行錯誤を繰り返しています。お客様の自由なアイデアから視野が広がることもしばしばです。「タイルでこんなことできない?」と閃いたら、是非、お気軽にエクシィズまでご相談ください。

ブログ記事一覧に戻る